岡山の吉備高原に位置するPAKARAは、馬に乗ることを主としたホースセラピーや障害者の方の就労支援を行っています。障害者健常者にかかわらずここに集まるすべての人が元気になることを目指します。

pakara do

運営団体

PAKARAの想い

pakara

pakara

馬のため、人のため
そして「人と馬」の幸せのため

太古の昔より、人間の生活に深く関わってくれていた馬。馬は非常に知能が高く、人や他の動物への優しさも持った、稀有な存在です。
岡山の中央、自然豊かな吉備高原で、競馬界を引退後リトレーニングを受け、ゆったりのびのびと過ごしているPAKARAの馬たち。
私たちは、馬たちと、障がいを持った方や子どもたち、そして社会とのつながりを保ちたいという方への就労支援を通じ、人と馬をつなぎ、人と馬を幸せにする事業を展開しています。そして、まだ誰も知らない新しい馬文化を創造していきたいと思っています。

pakara
pakara

pakara

pakara

代表挨拶

吉備高原PAKARAは、吉備高原の大らかな大自然に囲まれた岡山乗馬倶楽部と密接な関係のある施設です。ここ吉備高原の地域の皆様へ、馬を通して何か貢献できることはないだろうかという思いを端に発し、PAKARA HOME、PAKARA KIDS、PAKARA DOの3つの事業を立ち上げました。 自然に囲まれたここ吉備高原で、馬と人との交流の場を創造し、馬も、人も、皆が幸せに暮らせることを、日々望んでおります。いつでもお気軽に当施設に遊びに来てください。お待ちしております。

株式会社吉備高原PAKARA 代表取締役 西崎 純郎